研修・勉強会2016.2.26 (金曜日)

イフェクサーSR1

勉強会を実施しました

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤「イフェクサー®SR」(ファイザー株式会社)の勉強会を実施しました。

 

☆簡単にまとめると…

・国内では3剤目となるSNRI製剤であるが、国際的にはすでに90か国以上で使われている薬剤で、海外ではこの活性代謝物のデスベンラファキシンを有効成分とするものも発売されている

主な副作用は既存のSNRI製剤に準ずる

 

☆☆さらに詳しく… (続きを読む…)

研修・勉強会2016.2.19 (金曜日)

マリゼブ1

勉強会を実施しました

持続性選択的DPP-4阻害剤「マリゼブ®」(MSD株式会社)の勉強会を実施しました。

 

☆簡単にまとめると…

・マリゼブ(一般名:オマリグリプチン)は、国内で2剤目となるDPP-4阻害薬週1回投与製剤で、他国に先駆けて認可されている薬剤である

・既存のDPP-4阻害薬ベースにフッ素置換した薬剤ではなく、新規構造により週1回投与を実現したDPP-4阻害薬であることが特徴であるといえる

・体内での結合様式からDPP-4阻害薬をクラス分けしたとき、そのフッ素置換物のX線結晶構造解析からシタグリプチンの系統であると考えられる

 

☆☆さらに詳しく… (続きを読む…)

研修・勉強会2016.2.12 (金曜日)

ストラテラ1

勉強会を実施しました

注意欠陥/多動性障害治療剤「ストラテラ®」(日本イーライリリー株式会社)の勉強会を実施しました。

 

☆簡単にまとめると…

・ストラテラは、もともとは抗うつ薬としてこれらの仲間入りをするために開発されていた薬剤であるが、抗うつ薬としてはいまひとつ良い効果が得られなかったものの、ADHDに対して効果があることが見い出されたため、方向転換してADHD治療薬として再度開発が進められ、承認された薬剤である。

・ADHDではノルアドレナリンやドパミンが一定量よりも不足しているため、ノルアドレナリンやドパミンの回収をしてしまうトランスポーターをストラテラにより阻害することで、再取り込みが抑制され、ドパミンやノルアドレナリン量を増やすことができる

・薬価の高さがネックとなるので、1日量と用法から、できるだけ安くなるような組み合わせを提案すると経済的に喜ばれるだろう。

 

☆☆さらに詳しく… (続きを読む…)

研修・勉強会2016.2.5 (金曜日)

レミニール1

勉強会を実施しました

アルツハイマー型認知症治療剤「レミニール®」(武田薬品工業株式会社)の勉強会を実施しました。

 

☆簡単にまとめると…

・レミニールには、コリンエステラーゼ阻害薬としての作用に加えて、他薬にはないAPL作用allosteric potentiating ligand:アロステリック活性化リガンド)を併せ持つため、アセチルコリンだけが結合していた時よりも受容体が強く反応し、多くの陽イオンが流入するので神経伝達がよりよくなる。

ミクログリアによるアミロイドβ(アルツハイマー型認知症におけるターゲットタンパク質)の貪食を促進する作用もあるとされる。

・レミニールはγアミノ酪酸(GABA)などの緊張緩和を促す神経伝達物質の分泌も同時に促進するため、他の同種同効薬で懸念されるような易怒性や暴力などの強い陽性症状の出現は少ないといわれている。

 

☆☆さらに詳しく… (続きを読む…)

ホームページはこちら あすか薬局