研修・勉強会2015.2.24 (火曜日)

タケキャブ3

勉強会を実施しました

カリウムイオン競合型アシッドブロッカー「タケキャブ®錠」(武田薬品工業株式会社)の勉強会を実施しました。

☆簡単にまとめると…

・従来のPPI製剤における効果発現までの遅さや効果の持続力、代謝における効果差といったPPI製剤における欠点を解消し、効果発現の速さと強い胃酸分泌抑制力を兼ね備えたP-CABという分類の薬剤である。

・ヘリコバクター・ピロリの一次除菌療法において、従来のPPI製剤からタケキャブを使用した場合、クラリスロマイシン耐性株であったとしても8割以上の除菌率というデータがでている。

 

☆☆さらに詳しく… (続きを読む…)

研修・勉強会2015.2.20 (金曜日)

クラリス

勉強会を実施しました

マクロライド系抗生物質製剤「クラリス®錠」(大正富山医薬品株式会社)の勉強会を実施しました。

 

☆簡単にまとめると…

・クラリス®をはじめとするマクロライド系抗生物質は、肺組織から肺胞マクロファージ内に高濃度に移行し、そこで肺胞マクロファージの活性化(殺菌能、遊走能、貪食能の向上)をもたらす。

・実際に細菌とともにマクロライド系抗生物質の1つであるクラリス®(有効成分:クラリスロマイシン)を添加したところを映像でみてみると、肺胞マクロファージがダイナミックな変形を起こし、細菌の貪食能、遊走能の向上が確認された。

・マクロライド系抗生物質は、いわゆる抗生物質としての作用のみならず、抗炎症作用などといった新作用が臨床的に注目されている。

 

☆☆さらに詳しく… (続きを読む…)

あすか薬局通信2015.2.18 (水曜日)

花粉症

花粉症について

☆簡単にまとめると…

・花粉症は季節性アレルギー性鼻炎といい、日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されている。

・現在、日本人の約25%が花粉症だといわれている。

・飲み薬や目薬、点鼻薬による対症療法のほかに最近では舌下免疫療法という治療法も登場してきている。

・食事も大切で、ヨーグルトや納豆などの発酵食品や、食物繊維を多く含むきのこ類や海草を食事に加えることも有効であるといわれている。

 

 

☆☆さらに詳しく… (続きを読む…)

研修・勉強会2015.2.13 (金曜日)

オラペネム小児用細粒

勉強会を実施しました

経口用カルバペネム系抗生物質製剤「オラペネム®小児用細粒」(Meiji Seikaファルマ株式会社)の勉強会を実施しました。

 

☆簡単にまとめると…

・オラペネムは他の抗生物質が奏功しない場合の小児の難治性急性中耳炎や急性副鼻腔炎において用いられる。

カキ氷にかけるいちごシロップのような味で飲みやすい。それでも飲みにくそうにしたり、嫌がるときには牛乳やアイスクリームに混ぜてあげるとよい。

3歳未満では副作用である下痢の頻度が34%(3人に1人)と高いが、3歳以上になると13%まで低下する。下痢の副作用を抑えるのに、必要に応じて整腸剤と併用する。

 

☆☆さらに詳しく… (続きを読む…)

よもやま話2015.2.10 (火曜日)

埼玉県選手権大回転競技大会2015

スキーの季節です

先日、社長がスキー大回転競技大会に参加しました!

とてっも速そうな写真ですが、シーズンオフのトレーニングの成果は発揮できたのでしょうか?

結果は・・・?!

あすか薬局通信2015.2.5 (木曜日)

logo

インフルエンザについて

インフルエンザは今年も爆発的な流行を見せており、罹ったことのある方は吸入薬を吸ったり、飲み薬を5日間のんでくださいといわれたことがあるのではないでしょうか。

 

インフルエンザウイルスの増殖スピードは極めて速く、たった1つのウイルスが24時間後には約100万個になるといわれています。従って、できるだけ早く吸入する事が大切です。薬局などでお薬を受け取ったら、可能であればその場で最初の1回分を吸入する事をお勧めします。

 

そこで、抗インフルエンザウイルス薬として用いられる薬剤についてまとめてみます。 (続きを読む…)

ホームページはこちら あすか薬局